読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

guchu guchu pay

使命感的な何かが湧き上がってきたら更新するブログ

船木結のROCKエロティック

のこのこ行ってきた系 COOL HELLO!

書きかけのやつが結構あってとっ散らかった状態なんですけど。

なんばHatchでの「生タマゴSHOW」昼夜2公演を呼ばれもしないのに見て来ました。あまりにも良かったもんで取りあえず「思いのたけ」を箇条書きで。

  • 声に出して叫びたい日本語「キソラ!」
  • 室田瑞希が完全に仕上がってる、躍動感が凄まじい。
  • 「ROCKエロティック」や「ベーグルにハム&チーズ」といったオリジナルだといまいちピンと来なかった楽曲の良さを「ハロプロ研修生」が歌うことによって気付かされるという謎の現象。
  • 牧野真莉愛の「浮世離れ感」を帯びた華のある風貌と、それに似合わぬアグレッシブな動き。あと清原2世こと、あの日ハムのいかつい中田翔を「中田翔くん」といちいち「君付け」で呼ぶのが面白い。大森靖子あたりの「女さゆヲタ」が今だに「道重さゆみちゃん」と呼んでるのと同一の違和感と微笑ましさが入り混じったあの感じ。
  • 「知ってるサッカー選手を言ってください」という質問に「ザビエル」と答えた岸本ゆめの。EURO2000のフランスとの準決勝、ハンドの判定でPK取られたポルトガル代表のサイドバックアベル・ザビエル」知ってんのかよ、けっこうマニアだなーとか思ってたら、「きしもん」が2000年生まれだった事に気づいて愕然とするの巻。
  • 「重っ!て思う物は?」という質問に「責任」と答えた段原瑠々。この「とんち」の効いた回答に大の大人たち全員が感心させられるという「一休さん」のような一コマ。
  • 船木結は年齢が中2くらいだったら松浦亜弥みたくソロデビュークラスの逸材、逆に若過ぎることが足を引っ張ってる稀有な例。「ROCKエロティック」で見せた表現力とか、そんなんどこで覚えてきたんだってお父さんに怒られるレベル。
  • はまちゃんの「子供は作りません」発言にどよめく会場。今までは「可愛い可愛い」だけの子供ポジだった浜浦彩乃もこの春からは中2という「思春期まっさかり」な年頃。ルックスや声に正統派過ぎるきらいがあるので、多少「ひねた」部分もあったほうが人間的深みが出て魅力が増すような気がする。実際「一生ひとりで暮らします。」とか言っちゃう深層心理に俄然興味を引かれる始末。で、そのあたりの狼のスレを見てたら「子供は作りません」発言に対して「避妊するってことだろ」というレスがあって妙に納得するという。
  • 昼公演「ドッカーンカプリッチオ」で視界正面に三瓶海南。「わたしセクシー」の時に「かめちゃんグラインド」を凝視してみた。なんかご利益ありそう。
  • コレクション生写真が昼公演前に売り切れとか、研修生の商品価値を甘く見積もり過ぎ。おかげで原価20円くらいの変なTシャツ型キーホルダーの入ったガチャガチャを思わずやってしまったじゃないか。なんだ「田辺」って、まあ「田辺」なら、今回のところは「田辺」に免じて許すけど。仕入れ担当の人、次は頼みますよ。
  • Juice=Juiceの新曲「裸の裸の裸のkiss」はアレンジが普通過ぎて面白みにかける。「イジワルしないで抱きしめてよ」が飛んでもない良曲だっただけに残念。デビュー、レコ大と突っ走ってきて、ここにきて変に落ちついちゃうのは怖い。つんくは早く病気なおしてジュースにどんどん良曲書くように。

 総括すると今のハロプロ研修生公演はいろんな才能がぶつかり合う見所十分のヲタにとっては「目移りする」ような最高の現場ではあるものの、この中から5,6人チョイスしてデビューとかになった場合、メンバー選考が困難を極めるくらい粒が揃いすぎてる。そこんとこ事務所の偉い人はどう方を付けるのか、どうすんだ本当に。あと最後に「まこと」さんがんばって!