読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

guchu guchu pay

使命感的な何かが湧き上がってきたら更新するブログ

いちごのベッドで寝てるやつ

さて、いよいよ明日は年に一度のカーニバル&フェスティバルHello! Project 研修生発表会2017 ~春の公開実力診断テスト~」その当日なわけです。かくゆう私も中野サンプラザに辿り着くべく倹約の限りを尽くしまして、マルボロを華麗に「わかば」に切り替え、三食ラムネ菓子でやり過ごすほどの勢いで、ようやく2年ぶりに東京に旅立つ算段が整ったというあんばいなのです。

ま、そんな個人情報はさておき。やはり注目すべきは高齢恒例となったヲタによる投票で一番多くの支持を獲得した者にのみ与えられるベストパフォーマンス賞、その行方にあるわけだ。

www.youtube.com

 こちらの大抽選動画により披露曲と曲順が発表された事で、これを俎上に勝負の展開をあれこれシュミレーションしてみたり、無我の境地でひたすらリピートを繰り返してみたり各々様々な楽しみ方はあるにせよ。何と言ってもエントリー人数「31人」ってのは少しばかり多すぎやしないかと。これは今大会においての重要なファクターになってくるんじゃないかと、さっそく過去のデータを紐解いてみたところ。

2013 16人 BP賞 ⑨ 田辺奈菜美(キャンパスライフ~生まれて来てよかった~) 395票 

2014 26人 BP賞 ⑯ 段原瑠々Memory 青春の光) 244票

2015 20人 BP賞 ⑪ 加賀楓( Love take it all)509票

2016 21人 BP賞 ⑨ 笠原桃奈(愛しく苦しいこの夜に)228票

           ㉑ 清野桃々姫(冷たい風と片思い)    228票


2017 31人 

 さすがに5回目ということで何となくデータ的な傾向が見えてきましたよ。まず昨年の「ももひめ」以外、おおむね中盤戦あたりでの出番だった事がわかります。しかし、これまでの最多エントリーが2014年の26人という事を考えれば「31人」というのはヲタも演者も未踏の境地。ヲタの集中力と尿意が試される展開。そういった意味では31番目が段原瑠々ってのも、最後まで勝負の行方の分からない仕様になっており、何か上手いことなってるなーという、そんな感じなのです。

また、このデータにより過去のBP賞受賞曲が「モーニング娘。」と「℃-ute」の楽曲に限られている。そして、℃-ute→モーニング→℃-ute→モーニングと交互にBP賞を受賞しているという恐るべき法則性が見えてきました。このパターンでいくと今年は「℃-ute」曲の年という事になる。つまりは結局この4人。

No.07 北川亮 (北海道) Danceでバコーン!℃-ute

No.13 米村姫良々 都会っ子 純情℃-ute

No.25 橋迫鈴 まっさらブルージーンズ (℃-ute

No.30 一岡伶奈 ひとり占めしたかっただけなのに (℃-ute

これは大発見やー!と喜び勇んだところでハタと気がついた。そもそもこんなインチキ競馬予想みたいな事やっていても全く意味が無いと。キララあたりはマジでありそうなんて思いもありつつ。

過去5人のBP受賞者を振り返れば、当時の実力者「田辺」「室田」の一騎打ちの様相を呈した2013年及び、509票という圧倒的得票数を叩き出した「加賀」を除けば、実質「初参加組」が圧倒的に有利なんじゃないかという傾向が見えてきます。

いやいや「笠原」2回目じゃねーかよ!という意見もあるでしょうが、1年目の「笠原」と2年目の「笠原」ではもはや別人といって差し支えないほど鮮やかな「笠原曲線」を描く何かが起こってしまったわけで、これ新生「笠原」としては初参加というカウントになってしまうのです。

f:id:lin2t:20170411143324j:plain

未知なる新人が思わぬ実力を発揮した時、多くのヲタは思いがけず投票衝動に駆られてしまうという傾向にあります。やはりこれ初見のインパクトに勝るものは無しと言えましょう。そういった意味では今回初参加となる「26期」「27期」そしてヲタの大半が現物をまだ生で見たことがないという恐るべき北の脅威ハロプロ研修生北海道」あたりの中から思わぬ「実力者」が現れて一気にベストパフォーマンス賞を掻っさらったとて何ら不思議はありません。

そして年代的にはまだまだ「笠原曲線」真っ只中にある24期、25期あたりもあなどれない。その伸びしろを考えれば「キララ」あたりも要注意と言えましょう。

このままこの調子でダラダラ夢想を繰り返していても、明日の朝寝過ごしてしまい、買おうと思っていたコレクション生写真がソールドアウトで途方に暮れるなんて危険も孕んで来ました。

というかもう当日になってしまいました。

審査方法に何らかの変化があるのか、ゲスト審査員は誰なのか、書きたい話は山ほどありますが、そろそろ終わりにしたいと思います。

まだまだ語り尽くせない、胸に迫りくる思いを伊勢正三さんの名曲なごり雪のメロディに乗せて曲にしたためてみました。

それでは聞いて下さい

「いちごのベッドで寝てるやつ」

春の実力診断テスト前日に僕は
BLOGを書いている
新幹線のチケはまだ買ってない
中野サンプラザに行くのはこれが三度目と
さみしそうに預金引き出す
北研の子も来るときを知り
長くなりそうな公演時間
今春が来て瑠々はきれいになった
去年より ずっと きれいになった

 

自分で用意した採点表に
アレコレ記入して
君は審査員気取りで見ている
まことさんが変な持論を展開することが
こわくて下をむいてた
時がゆけば幼い27期も
大人になると気づかないまま
今春が来て瑠々はきれいになった
去年より ずっと きれいになった

 

加賀が去ったホームに残り
落ちてはとける雪を見ていた
今春が来て瑠々はきれいになった
去年より ずっと きれいになった
去年より ずっと きれいになった
去年より ずっと きれいになった

そんな感じでもう寝ます。大団円となるセットリスト最終曲「彼女になりたいっ!!!」で完全燃焼してしまい、中野サンプラザの客席でグッタリと微笑をたたえながら「真っ白な灰になって燃え尽きている」やつを見かけたらそれが俺です。あと、髪の毛が真っ白になって呆然と立ち尽くしてるやつがいたら、それは「ハロプロ会場」でちょくちょく見かけるタイプの老紳士ヲタですので気になさらないでください。