読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

guchu guchu pay

使命感的な何かが湧き上がってきたら更新するブログ

春の公開実力診断テスト前日のあれこれ

COOL HELLO! 春の公開実力診断テスト

なんか「つばきファクトリー」だとか「たぬきファクトリー」だとか、ハロプロ最前線では色々と大きな動きがあったようです。そりゃあ新ユニット結成はおめでたい話なんでしょうが、皮肉にもこれが年に一度の大イベントハロプロ研修生 発表会2015 ~春の公開実力診断テスト~」に思わぬ影響を及ぼすことになりました。

それなりにグループとしての経験を重ねた「こぶし」メンバーが「テスト免除」なのは当初から織り込み済みでしたから、まあ仕方ありません。そりゃあ「広瀬彩海」「井上玲音」のソロアクトは見てみたかったし、その実力のほどを診断したかったという思いはあるにせよ。しかしこれ「つばき」までとなると話は変わってくるのです。

こんな土壇場になって、優勝候補の一角と目されていた岸本ゆめの」をはじめ、この一年で前髪も実力も良い感じに伸ばしてきた新沼希空、トレイニー時代には中心メンバーとして活躍してたっぽい「小片リサ」も参加しないとか、とりわけ超新星「浅倉樹々」のソロアクトには「Juice=Juiceの金澤朋子ちゃん」を筆頭とするハロヲタ諸氏からの注目度も高かったはずです。「谷本安美」さんに至っては歌声すらまともに聞いたことがないという事実。そして山岸理子による、あの伝説の「桃色スパークリング」が再び聞けるかもしれないという僅かな可能性すら無常にも消滅してしまったわけです。

テストへの参加を回避する為に大慌てで立ち上げられた感すらある、今回の「つばきファクトリー」結成のドタバタ。最近加入したばかりの「右も左もわからない」ような新人研修生8人を急遽「実力診断テスト」に投入するあたり、いかにも参加人数大激減による穴を無理やり埋めた感満載じゃないですか!!なんですかこれは!!

めちゃめちゃ面白いじゃないですか!!!

 こんなもん見たいに決まってるじゃないですか。まあ最初から参加する気まんまんでしたけどね。本当は御堂会館あたりでやってくれると交通費的にモンゲー助かるんですが、そこはやはりハロプロの聖地中野サンプラザまで行くより仕方ないわけで、この一年は毎日のようにもらいタバコを繰り返し、何とか交通費を捻出することに成功しました。人として大切な何かを失ったとしても、投じなければならない一票がそこにあるんです!!*1

加賀楓    SHALL WE LOVE?(ごまっとう 曲)
山木梨沙   女と男のララバイゲームモーニング娘。曲) 
田口夏実   100回のKISS松浦亜弥曲) 
横川夢衣   ベーグルにハム&チーズ(℃-ute曲) 
井上ひかる  大人なのよ!(Berryz工房曲 ) 
牧野真莉愛  ハッピーサマーウェディングモーニング娘。曲) 
藤井梨央   旅立ちの春が来た(スマイレージ曲) 
新沼希空   大好き100万点(モーニング娘。譜久村聖 石田亜佑美曲) 
田辺奈菜美  ベーグルにハム&チーズ(℃-ute曲) 
羽賀朱音   なんちゃって恋愛モーニング娘。曲) 
小川麗奈   さくら満開モーニング娘。さくら組曲) 
三瓶海南   五月雨美女がさ乱れる(Juice=Juice曲) 
浜浦彩乃   ヤキモチをください!(Berryz工房曲) 
岸本ゆめの  REAL LOVE(Berryz工房 菅谷梨沙子曲) 
一岡伶奈   自信持って 夢を持って 飛び立つから(モーニング娘。高橋愛曲)
段原瑠々   Memory 青春の光モーニング娘。曲) 
稲場愛香  スキちゃんスマイレージ曲) 
船木結    DESTINY LOVE(High-King 曲) 
佐々木莉佳子 奇跡の香りダンス。(松浦亜弥曲) 
野村みな美  My Days for You(真野恵里菜曲) 
吉橋くるみ  泣いちゃうかも(モーニング娘。曲) 
大浦央菜   スッピンと涙。後藤真希曲) 
室田瑞希   Memory 青春の光モーニング娘。曲) 
和田桜子   ブギートレイン'03(藤本美貴曲)
山岸理子   会いたい 会いたい 会いたいな℃-ute曲) 
田中可恋   dearest.(松浦亜弥曲) 

 隔世の感のあるラインナップ。昨年参加した26人中、今回も参加するメンバーは赤文字にした僅か6人のみ。いかに「ハロプロ研修生」にとって激動の1年だったかが窺えます

直前まで参加するつもりで既に発表曲も決まっていたであろう「つばきファクトリー」の面々による大抽選会が行われ「テスト順」が決定。それを受けての出場者全員のコメント動画が矢継ぎ早にアップされたことで、いよいよ開催が直前に迫っていることを実感し、いやが上にも期待が高まります。

http://f.st-hatena.com/images/fotolife/l/lin2t/20150503/20150503043630.jpg?1430595756

ハロプロ研修生 発表会2015 ~春の公開実力診断テスト~は以下の20名によって行われます。 なにげにソロアクトによるステージデビューって松浦亜弥藤本美貴以来の事だったりするはず。これはもう大変です。もう絶対アレだなって思います。

① 泣き虫少年(2010 mix version) /Buono! 井上ひかる
② Be元気<成せば成るっ!> /Berryz工房 岡本帆乃花
③ 春 ビューティフルエブリディ /モーニング娘。 笠原桃奈
GOOD BYE 夏男 /松浦亜弥 段原瑠々
⑤ シャボン玉 /モーニング娘。 堀江葵月
GOOD BYE 夏男 /松浦亜弥 小野田紗栞
⑦ ロマンスの途中 /Juice=Juice 梁川奈々美
スキちゃん /スマイレージ 島野萌々子
FOREVER LOVE /℃-ute 橋本渚
⑩ もっとずっと一緒に居たかった /Berryz工房 横川夢衣
⑪ Love take it all /℃-ute 加賀楓
⑫ 夕暮れ恋の時間 /スマイレージ 仲野りおん
⑬ 背伸び /Juice=Juice 高瀬くるみ
⑭ Dream Last Train /トリプレット 竹村未羽
⑮ 泣き虫少年 /Buono! 一岡伶奈
⑯ The Power /℃-ute 秋山眞緒
君さえ居れば何も要らない /モーニング娘。 金津美月
⑱ 大好き100万点 /モーニング娘。 小野瑞歩
21時までのシンデレラ /Berryz工房 船木結
⑳ 好きな先輩 /モーニング娘。 前田こころ

選曲と出場順が決まったことで色々考えてたんですけど、やはりヲタが一票を投じる「ベストパフォーマンス賞」の行方は、どうしたって段原瑠々を中心に展開すると思うわけです。昨年の「公開実力診断テスト」で段原はベストパフォーマンス賞を取りましたが、実際そこまで圧勝したわけでもありませんでした。これは投票する時に全部の投票箱の中を覗きまわっていた人の証言からも明らかで、あの自分自身なんですけどね、見たところ票はかなり割れてましたから段原、室田、岸本、田辺あたりで。

本当なら室田瑞希が取らなきゃいけなかったんですよ去年は。でも、誰の目にも分かるくらい見事にプレッシャーに押しつぶされちゃったんですね。勝手に自滅しちゃった。室田に投票する気満々だった人たちの票が分散した結果、大きなミスのなかった段原への票がわずかに上回ったと、こう見るわけです。

人並み以上に歌えてはいるけど、どこか置きに行ったような印象が強くて歌の表現がタンパクで「ハロプロ的」ではないというのが昨年の段原から受けた印象で、荒いんだけど表情豊かでステージ全体を使ったパフォーマンスをしていた岸本ゆめのや、歌の世界に耽溺するような情感豊かな表現力を見せた大浦央菜」により魅力を感じた口だったんですね。

段原が上手いのは最初から分かってたことで、Youtubeをチョット漁ればASH時代の動画なんてゴロゴロ転がってるし、彼女が人並み以上に秀でた歌唱力を持っていることなど容易に知ることは出来たわけです。だからこそ彼女がASH時代には持ち得なかった「ハロプロ」に来たことによって身につけたものを見たかったのかも知れません。

結果的にASHで身につけた、あるいは元から持ち合わせていた歌の才能によって名だたる「ハロプロ研修生」一同を一蹴してしまった事は、彼女にとって良かったのか悪かったのかは分かりません。昨年のつんく氏による段原評はこの通り。

段原からの解答がGOOD BYE 夏男という高難度の「リズム」を要求される楽曲だったことで俄然面白くなってきました。ただ昨年と違って「追われる立場」となる段原にとって、意外と「ベストパフォーマンス賞」連覇への道は険しいものになりそうです。もしも、パフォーマンス的に同等のインパクトを残された場合、投票するヲタの心情的には、おそらく段原にとって不利な方向に働くものと予想されるからです。

船木結」「加賀楓あたりが想定通りのパフォーマンスを無事やりきることが出来たのなら大きく票は動くでしょうし。あるいは大半のハロヲタにとって未知の実力者「堀江葵月」が「シャボン玉」でアッと言わせる展開があるのかも知れません。

ただ「ベストパフォーマンス賞」とは別の観点から「実力診断テスト」本来の意義みたいなものに立ち返って考えてみると、昨年の稲場愛香野村みな美のように直接投票には繋がら無いまでも、いかに自分のキャラクターを強く打ち出した、自分に合った選曲や衣装選びが考えられているか、こういった「自己プロデュース力」が実は重要な事であって、観客のみならずアップフロント幹部連中にどれだけ自身の魅力をアピール出来るかが「デビュー」への鍵を握っていることを忘れてはなりません。「高瀬くるみ」「小野田紗栞」「一岡伶奈あたりに期待したいところです。つんく氏の言う「最後は君の腕次第」ってやつです。

とか何とか偉そうに講釈をたれたところで、案外よくわからない初ステージの新人研修生が全て掻っさらっていくような 展開になったとしても、それはそれで有りです。

*1:本当はそんなものなどありません。