読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

guchu guchu pay

使命感的な何かが湧き上がってきたら更新するブログ

道重さゆみ「GIVE ME MORE 鞘師」問題について

テレビ見た COOL HELLO!

卒業コンサートでの計画

今回の「道重さゆみ卒業コンサート」は、ありがたくもテレビで生中継されるということで、「ライサバ千秋楽」以来約4年ぶりとなる「横浜アリーナ」でのステージの模様を「お茶の間」で呑気に満喫してたわけです。

そしたら、皆さんご存知のように「彼と一緒にお店がしたい」の曲中にとんでもない衝撃映像が飛び込んできたもんで「新婚さんいらっしゃい」のサニーさんばりに椅子からズッコケずり落ち、悲鳴じみた声を年甲斐もなく漏らしてしまいました。「キャッ!」とね。

結局道重さんの計画通りに事が運んだということでしょうか。

嫌な予感はありました。かねてより「お気に入りの後輩メンバー」に対する少々いきすぎた「可愛がり」行為が「児童福祉法」の観点から問題視されていた道重さんでしたが、ここにきて臆面もなく「卒業」に向けての猛チャージをかけてきた、もはや「ブレーキの壊れたダンプカー」状態に陥ってる感がたしかにあったからです。

今更道重ならやりかねん、誰か彼女の暴走を止める人はいなかったのかと嘆いたところでもう遅い。しかし、スカパーとはいえ全国のお茶の間に生中継されている、鞘師の親御さんだって当然見てるわけですよ、さすがに普段の「コンサート」というある種クローズドな空間だから許されてきたような「やりたい放題」は自重するだろうと。そんな我々の甘い見積もりを嘲笑うかのような「してやったり」とばかりの見事な千両役者ぶりには、こちらもシャッポを脱いで薄毛を晒さざるを得ません。

薄毛で思い出しましたが、道重さんが卒業を間近に控えた最後のファンクラブイベントで、ど平日にも関わらず全国から集結した「さゆヲタ」の精鋭たちを前にして冒頭のあいさつで語った。

さゆみ、今日が超楽しみだったんですよ。自分のファンの方が来てくれる、そして私も自由に喋れるっていう場所が超好きなんですよ。なので今日はもうほんとに、普段ならしっかりコメントとか考えてくるタイプなんですけど何も考えずに来たので、今日はもう自由に、自然体な道重さゆみで行こうと思いますので、みなさんも思う存分楽しんでってください。

こちらお察しのとおり、謎のMP3ファイル的なヤツからの書き起こしソースになりますが、そのへん気にしちゃダメですよ、この先こんなんばっかりですから。

割りとこの「しっかりコメントとか考えてくるタイプ」であることは普段から公言されていて、それこそテレビのバラエティー番組なんかで、制作サイドや一般視聴者の求める「道重さゆみ」という「キャラクター」を貫徹すべく、それなりの武器を持って挑んできたからこそモーニング娘。ってまだやってたんだ!」なんて揶揄されていたあの時代に「現役メンバー」としては破格の「知名度」を築き上げることが出来たと言えます。

モー娘。の異端児」として登場した「ロンドンハーツ格付けしあう女たち」では、歯に衣着せぬ大胆な物言いと、「毒」と「笑い」を含んだ切り返しの上手さで歴戦のバラエティ巧者たちを翻弄し、その「極度にカワイイ」ルックスとも合いまって「道重さゆみ」の名前を広く世間に知らしめるきっかけとなりました。興味深いことに「ロンハー」二度目の出演時「ソロデビューの野望」について聞かれた道重さんは「近々とかじゃなくて将来的にはリーダーになってから、一番上を経験してから卒業とかして」という自身のプランを披露しています。

まさにその5年後、彼女は計画通りモーニング娘。8代目リーダー」として卒業を迎えることになったわけですが、そんな道重さんのことですから、自らの「卒業コンサート」でも、それ相応の「大ネタ」を必ずや用意してくるはず、そのための事前準備も「ばっちリンリン」だったと、こう考えるわけですね。

2014年11月2日、山口県周南市文化会館 昼公演

 卒業まで残り一ヶ月を切り、最後の凱旋コンサートとなった地元山口公演。’14秋ツアーでは、道重さんとサブリーダーの2人(譜久村聖飯窪春菜)によるMCコーナーがあり、毎回出されたお題にそってトークしていくのですが、この日のトークテーマは「私これには弱いんです」というものでした。

道重さんが「ちっちゃい子に弱い」という話から、おもに譜久村、道重を中心とした「ちっちゃい子大好き」トークが熱を帯びていくのですが、地元公演ということで少々開放的になっていたのでしょう「さゆみ分かった!15才までに弱いんだ」発言まで飛び出す始末。しかし、この「U-15」部分が引っかかったのか、譜久村さんが今年「U-15」を卒業したばかりの同期メンバーについて言及したことから事態は進展します。

「でも、里保ちゃんがチョット心配してて」と思わせぶりに切り出した譜久村さん、加入当時と比べ心身ともに成長した現在の鞘師が「道重さんが昔の私のほうが好きでいてくれたんじゃないかな」という複雑な心境に陥ってることを注進するわけですが、これを聞いた道重さん、何その情報聞き捨てならないとばかりに、面白いように食いついてくるんですね。

そんなこと言ってるの?そういう態度を一切出さないの「りほりほ」って、こう可愛がっても可愛がられて嬉しいっていう態度をあんま「りほりほ」って表に出さないから、何かこう気持ち悪がられてるのかなって思って、さゆみチョット抑えてたの「りほりほ」がおっきくなったからとかいう理由じゃなくて、さゆみ嫌われてるかもと思って抑えてたんだけど、あっそういう会話が繰り広げられてたんだ。

 ここまでを一気に、早口で興奮気味に捲し立てる、道重さんのハートに火が点いた瞬間です。そして、さらに大量のガソリンを撒くかのような譜久村さんのこの一言。

「もう、ガンガン行っちゃってください!!里保ちゃんに」

 この後「じゃないと私に来ちゃうんで」と続くわけですが、道重さんにとってこれは「ゴーサイン」以外の何ものでもなく、今まで囚われてきたこの支配からの卒業、心の底から湧き上がる感情そのままを言葉にして吐き出すのです。

「いいこと聞いたよー」

 かくして、いわゆる「事案」は発生します。その情報は「号外」のごとく瞬く間にネットを駆け巡り「スレ立て」られたり「まとめ」られたりする事になります。


モーニング娘。道重さゆみがとうとう鞘師里保にキスをする事案発生 | カラフル x ハロプロ

 その後の公演ではすっかり「常習化」したとか、鞘師も慣れちゃってWELCOMEな感じになっちまってるとか、他のメンバーも真似し出してアッチコッチでチュッチュクチューしまくってるとか情報は錯綜します。子供ばかりだった「9期加入」によって「封印」されてきた、ある種モーニング娘。のライブパフォーマンスにおける「因習」が道重卒業を間近に控え「浮かれ騒ぎ」のうちに復活を遂げたという印象でした。

 2014年11月16日、大阪府NHK大阪ホール 夜公演

このようなBLOGを嗜んでいるヲタの性質上、本来なら参加した公演やらイベントの話なんかを逐一報告すべきなのでしょうが、なにぶん「ハロステ」を見たりとか、「ハロステ」でハロプロ研修生が出てるところだけを編集してみたりだとか、研修生日記の画像を拾い集めてるうちに日が暮れるなどの多忙な毎日を過ごしてるもんで、いわゆるライブレポのたぐいは殆ど書けてないのですが、実はちょこちょこ現場には顔を出してまして。奈良の℃-uteナルチカで掘っ立て小屋みたいなライブハウスにぎゅう詰めにされたのは今年一番の良い思い出だったりします。

今回の、モーニング娘。’14 コンサートツアー秋『GIVE ME MORE LOVE ~道重さゆみ卒業記念スペシャル~』は大阪で行われた公演を2度ほど拝見させていただきまして、10月11日の昼公演、そして11月16日の夜公演にも潜入しておりました。

本来「ホールコン最終」の予定だった公演ですから、おそらく日本全国から「練度の高いヲタ」が大集合していたことも手伝い、コンサート自体は大変熱いものになりました。アンコールの「Happy大作戦」が終了してゾロゾロとメンバーがはけ、お前らも帰れとばかりに終演のアナウンスが流れ始めるも、まだまだ余韻冷めやらず「さゆみん」コールが鳴り止みません。

半信半疑で足早に帰り支度を整えるヲタも居る中、まさかの道重再登場。ひととおり「ヲタいじり」をすませた後、この日のセットリストにはなかった名曲「ラララのピピピ」をアカペラで披露するという大盤振る舞い。ヲタも負けじと会場一面ピンクに染めて「さゆみん」コールの大合唱でこれに応えます。あの時のNHK大阪ホールの熱狂ぶりは、最大瞬間風速で天気が悪い日の「リオのカーニバル」くらいなら確実に超えていたことでしょう。

とかね、そんなことはどうでもいいんです。

 例の「彼と一緒にお店がしたい」の話です。ここで道重さんが普段なら鞘師のほっぺにチューするはずのところで、少しイレギュラーぎみのモーションから、あわや「くちとくち」すなわち「マウスツーマウス」寸前になるというハプニングが起こります。客席から見ていた自分は「寸止め」と判定したのですが、ネットなんかでは「みね打ち」程度には入っていたなんて証言も有り、いずれにせよ、かなり際どい距離まで迫っていたわけです。鞘師は驚きながらも、どっきり的に仕掛けられた「ちょっとした悪戯」と捉えたのでしょうか、道重も「びっくりした」表情で、ちょっと驚かすつもりが距離感を間違えてしまって動揺した様子を見せ、おたがい「あーびっくりしたねー」という感じで顔を見合わせ笑い合って一件落着となり、客席もこの場面で大いに湧きました。

しかし、「ハプニング」の僅か数十分前に繰り広げられた、例の道重、譜久村、飯窪によるMCコーナーの内容がどうにも引っかかってしかたなかったのです。

道重の告白

この日のお題は「最近変わったこと」。飯窪さんが、コンサートでの変わった部分として「コンサート中に起こるメンバー同士のほっぺにチュー」について開始早々切り出します。飯窪は続けて「モーニング娘。に加入する前に、道重さんと高橋さんとかの、そういうの見て憧れるな~みたいな、良いな~みたいに思ってたんですよお。それが山口公演で道重さんが鞘師さんのほっぺにチューしたのをきっかけに・・・。」

飯窪さんとしては通常運転というか、優秀な側近として「リーダー」に気持よくトークしてもらうための話題を提供したに過ぎません。しかし、想像をはるかに超える勢いで上機嫌になった道重リーダー、辛抱たまらずカットインしてきます。

そ~ぅ、愛ちゃん卒業してからずっと我慢してて~

 したいな~とは思うんだけど…。愛ちゃんは先輩だし年も3コくらいしか離れてないから行けるんだけど。

あの、なんか10コ年下の子とかに「ほっぺにチュー」とかしたら訴えられたらどうしようと思ってさあ。訴えられたらさゆみ確実に負けそうじゃん。

我慢してたんだけど、まさかの「りほりほ」がフクちゃんからの話で「道重さんから来るのを待ってる」っていう事をここのMCで言ってくれたから心置きなく行けることが出来て、ありがとうフクちゃん教えてくれて!!

 これを受けての飯窪さん、メンバーも「ほっぺにチュー」したりするようになって、良い方向に「道重さんイズム」を受け継いでいってるという、何かもう無理やりぎみな上げっぷりなんですが、さすが「はるなん」とばかりに食いつく道重さん、とにかく飯窪さんのハマり具合が半端ないわけです。

 しかし、意外にもこれが、問題の本質に迫る証言を引き出すことになりました。

どんどん受け継いでって欲しい、もともとは自分発信で始まったことじゃなくて、もともと先輩に「チュー」をされて「目覚めた」のね。

 「目覚めた」に食いつく譜久村さん。客席からは「誰~?」の大合唱。

あらためて譜久村からの「その先輩は?」という問いかけに対し、道重さんはハッキリとこう答えます。辻希美さんです。」

 そして道重さんは、その「原体験」を告白し始めるのです。

今でもほんとによく覚えてて「ザ☆ピース!」のセリフ「お昼ごはん何食べたんだろう」のところで、後ろで自由なんですけど、後ろのほうでさゆみが「石川さーん」みたいな感じでやってたら

辻さんが「口にチュー」をしたの!!

「えー!?」絶叫する譜久村と飯窪、ザワつくオーディエンスのピンクT。

初めて・・ちょっとびっくりして・・・。

それから、さゆみもチョット病みつきになったの

 「病みつき」に食いつく譜久村さん、爆笑するオーディエンスと動揺するピンクT。

メンバーのびっくりした顔とかが「可愛い」から、それが見たいっていうのもあるんだよね。

 なんか微妙にフォローを入れてきた道重さんに対して、ここで譜久村さん「特に里保ちゃんとか凄い良い表情しますよねえ」という、思いっきり鞘師に寄せてくる好アシストを見せます。このパスを見逃すような道重さんではありません。一気にゴール目がけて突進します。

山口コンサートの話、引き続きしちゃうんだけど。その時は自分がしてやったりの「よっしゃあ~!!」って気持ちだけだったんですけど、お家に帰ってその日のビデオを見たら、鞘師が鈴木とかに何か「してもらったー!!」みたいな、あれはさー、さゆみの前でのリアクションじゃないからマジなリアクションなわけじゃん!!

さゆみはそこに感動して、さゆみの前じゃないところでもそういうリアクションしてくれてるんだー!!って、やっぱフクちゃんの裏の話とか自分の前じゃない時の「さゆみ」への「りほりほ」の態度に感動しちゃうんだよね。

この時、道重さんの中で一つの結論が出たのかもしれません。かつて「病みつき」になった行為にもし及んだとしても、今の「りほりほ」なら絶対に訴えない、むしろ喜ぶはずだと。

その後「彼と一緒にお店がしたい」で起こった「ニアミス事件」が、はじめから意図的に仕組まれ、来るべき「本番」に向けて「距離感」「角度」「タイミング」等、その他もろもろ最終確認するために行われた公開「ゲネプロ」だったと推測するわけですね。

 __[警]
  (  ) (・ 。.・*从
  (  )Vノ )
   | |  | |

 2014年11月20日、静岡県・アクトシティ浜松 大ホール(振り替え公演)

 台風による振り替え公演は、結果的に平日開催の「ホールコン最終」となりました。「彼店」ではノーマルな「ほっぺにチュー」でお茶を濁したという道重さん。大阪夜の「ニアミス事件」を聞きつけ、何かしら期待していた一部のヲタならびに鞘師さん本人からすれば肩透かしを食らった恰好です。

しかし、ここで一旦引くのが道重さん流の戦法です。かつて高橋愛卒業コンサートでも直前の公演で「気のない素振り」を見せ、本番で油断したところを一気に仕留めて「その模様」をBlue-rayに完全収録させたという恐るべき実績があります。

一旦引いてから、一気に前進する。それは「チョロQ」が僕たちに教えてくれた事じゃないですか!

2014年11月26日、そして伝説へ

一枚の画像が有ります。これは、あの日の横浜アリーナで起こった、その一瞬を切り取ったものにすぎません。

20150621180904

「彼と一緒にお店がしたい」の終盤、鞘師里保さんがソロパート「家族のみんな大好きだけれど」部分に差し掛かり、舞台中央で道重さんと仲睦まじく肩を組み、アイコンタクトを取っているシーンです。注目して戴きたいのが、道重さんの左腕が鞘師さんの右腕を外側から抱え込んでいる、つまり「上手(うわて)」を取っているという部分ですね。相撲でがっぷり四つに組んで投げ合った場合、一般的に有利とされているのが「上手(うわて)」を取った側、つまり道重さんのほうなのです。

ここで鞘師の「左まわし」ならぬ「左肩」をむんずと掴んでる事が見て取れます。もうこの立ち会いの瞬間に勝負はついたも同然で、その後「左肩」をガッチリと引き寄せ、完全に退路を断たれた鞘師さんに対し、無常にもウットリと瞳を閉じ、一気に「がぶり寄る」道重さん。細長い指が鞘師の左肩にめり込むほど強く掴んでいることが分かります。非力なイメージがあった道重さんですが、ここで見せた「女豹」のごとき俊敏性と力強さたるや、正に識者がいうところの「パンサーちゃゆううううううううううううううううう」じゃあーりませんか。

20141225125145

一瞬「マジか、この人!」という表情を見せるも、為す術無く瞳を閉じて観念する鞘師さん。道重親方の完璧な横綱相撲を前に、まるで、予防接種の注射を我慢する子供みたいな顔しています。そして、たぶん瞳は閉じてるはずです。

以上、長くなりましたが、これが道重さゆみ卒業コンサートにおける前半のハイライト「唇盗む早業は、噂通りだわ~シンドバットちゃゆううううう事件」の俺なりの考察でした。彼女が創造した見事なエンターテイメントにすっかり感服し、録画した「BSスカパー」の該当部分にチャプターマークをつけて、小一時間エンドレスリピートを繰り返す毎日です。道重さん本人も手応え十分「してやったり」と言ったところでしょう。今頃は、ネットパトローラーとして大忙しの毎日を送っているはずです。

そして、メドレー途中での不本意な「アクシデント」により、道重さんの意図せぬところでドラマは動き出し「娘。継承」を象徴する数々の名シーンを生み出したことにつきましては、これまでも散々語り尽くされ、あちらこちらで上手いこと書かれたり、呟かれたりとかした事でしょうから、今さらこのBLOGで書くまでもありません。

でも、少しだけ書かせてください!

モーニング娘。って、まだやってるんだ」なんて揶揄され、常に「黄金期」の先輩メンバーやヒット曲を引き合いに出されて「粒が小さい」「個性がない」「ハングリー精神が足りない」と比較され続けた、あの当時を知る最後のメンバー「道重さゆみ」さん。

そんな5期、6期メンバーは、かつての先輩メンバーや「黄金期」を謳歌した、かつてファンだった者たちから「モーニング娘。に憧れて」モーニング娘。になった子たちだから、そこで満足してしまって「ハングリー精神が足りない」「個性がない」「粒が小さい」といった意味合いの苦言をいやというほど見聞きしただろうと思います。

私事ですが「黄金期」を在宅で過ごし、5期、6期のメンバーたちが「モーニング娘。」の中心になった頃から、ちょろちょろと現場に通いだしたような、割りと5期、6期以降のメンバーにシンパシーを感じるタイプのヲタにとって、何かそういう謂れ無き中傷に対して人ごとながら心をを痛めたり、無駄に「矢口憎し」の感情が芽生えたりした経験を持ってたりもするのですが、そんな遅れてきた「黄金期を知らないヲタたち」にとって、道重さんが卒業の挨拶の中で語った以下の言葉。

私は、芸能界に興味があったわけではなくて、歌が好きとかダンスがやりたいとか、そういう気持ちも全然なくて。
ただ、「モーニング娘。が好き。」その気持だけでここにやってきました。

 誰よりも「個性的」そして誰よりも「モーニング娘。」を、もう一度上にあげたいという気持ちを臆面もなくアピールする「ハングリー精神」に溢れた、この「8代目リーダー」の言葉は何だかすごく嬉しかったです。

そして、道重さんの後継者「9代目リーダー」が見せた例の「フクムラダッシュ」の件ですが。あの日起こった「フクムラダッシュ」の一部始終をわかりやすく「紙芝居」に仕立てあげ、日本全国を巡って未来永劫ちびっこ達に語って聞かせたい。そして依頼があれば全国の女子中、女子高にも馳せ参じたいという思いでいっぱいです。それで月30万くらい貰えるなら、それ以上何を望むというのですか!!

さすがに、もう終わりにします、それではおやさゆみん