読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

guchu guchu pay

使命感的な何かが湧き上がってきたら更新するブログ

佐藤優樹の「guchu guchu pay」

ハロプロと関係なさそうであるような話

はてなBLOGの「デザインテーマ」設定を変えてみました。色々いじってた中で単純に自分が「読みやすかった」やつに変えてみたんですが「おじいちゃん世代にも読みやすいBLOG」をモットーに、その辺はまたチョロチョロ変えるかもですけど、取りあえず「衣替え」ということで。

何だかんだで半年以上「BLOG」を続けてみて、開始当初は「3日に1回」くらいの頻度で更新する気満々だったはずが「ひと月に3回」の更新も怪しいレベルに落ち着き、自分がそれほど豆な人間でない事をあらためて思い知らされる反面、早々にネタ不足に陥るんじゃなかろうかという不安はまったくの杞憂に過ぎず、逆に更新が全く追いつかないという現状。

最初にBLOGでもやるかと思い立ったのが昨年の1月頃で「作成日」自体は2013年の1月20日なんですが、実際書き始めたのは11月末からと結構経ってからなんですね。

何でそんな事になったのかというと、結局良い「BLOGタイトル」が思いつかなかった、物事カタチから入るタイプなのでしょう。「幻の炭火感を求めて」「赤羽橋の罪なやつ」「寺田が死んだら俺も死ぬ」等々いろいろ候補はあったもののイマイチしっくりこない、そのうちなんか良いのが思いつくだろうと放置してるうちに月日は無情にも流れてゆくわけです。

そんな事すらすっかり忘れた頃、FC限定WEBラジオなるニッチな媒体で毎週配信されている小田さくらの「さくらさくらじお」に佐藤優樹さんがゲストに出るってんで、そりゃあ聴くわけですよ、なにせ「ゲストまーちゃん」ですから。

「まーさく」「さくまー」どっちでもいいんですけど、これが中々面白い。やっぱり佐藤は育った環境からしておかしなところがあって「娘。ヲタ」ならその辺も重々理解した上で佐藤の変さ加減を楽しめたり苛ついたりとか出来るんですが、これがなかなか「アウェー」だと伝わりづらいものがある。

そこら辺は「生田」や「鈴木」といった分かりやすい武器を持った人たちがどうしても目立つわけで、ある程度の「人となり」が伝わる「ラジオ」ならまだしも、いろいろと制限される「テレビ」だと佐藤の良さが出にくいってのは何となく理解できます。まあ確実に収録現場レベルでは「あの子変わってたなあ」とか思われてるんでしょうけど。

「くどまー」ですか「まーどぅー」ですか、どっちでもいいんですけど工藤の付き添いで出た「黒バラ」での「出川さん」との花やしきデート企画くらいですか「佐藤らしさ」がテレビで垣間見れたのって。

で、その 「さくらさくらじお」では「朝の生活習慣」みたいなお題で佐藤さんが脱線気味なトークを展開するんですが、その中であるワードが出てきます。

佐藤 もう服のとなりに歯ブラシがあったんですよ、だからそのまま歯ブラシ行ってご飯食べて、もうバックも用意出来てたから

小田 すごーい!お嬢様ですね

佐藤 そうなのー!ってのは嘘で

小田 のりつっこみ、のってきたやつ

佐藤 母が用意してくださって、そのまま歯~磨きながら降りて、で降りて~、で、そのままグジュグチュペーして、一階でグチュグチュペーして、そのぉー・・・

小田 朝の生活習慣

佐藤 朝の生活習慣と一緒で、朝ごはん食べてもっかい歯~磨いて、ランドセルは玄関にあるからもうスパッと行く。みたいな感じだったんですけど・・・って今なんの話?

これを 例のキンキンした口調で早口にまくしたてる、小田さんも別にこれといってつっこむ事なくサラッと流すんですが、いやグチュグチュペーってそれ!!去年の11月頃の配信ですから当時「中学2年生」ですよ佐藤さんは。

「子供がそのまま大人になったような人」という表現がありますが、佐藤さんの場合は「無邪気さ」だったり「純粋さ」といった子供の持つ単純な「かわいらしさ」だけに収まらないガチなやつ、「無軌道ぶり」だったり「狡賢っこさ」といった子供特有の「得体の知れないおそろしさ」をも孕んだリアル「こども」マインドを持った非常に稀有なケースといえます。

そんじょそこらの巷に溢れた「天然キャラ」と一緒にするのは「天然キャラ」の人たちに失礼なくらい、ちょっと「天然」という言葉の範疇を超えたエリア外にいるのが佐藤さんでして、「天然」を「特殊な環境」でジックリと熟成させ、さらに発酵させたうえで、天日で干して潮風に丸一日さらされたような「モノの違い」があるわけです。

 モーニング娘。「10期メンバー」加入当初の「心臓がポクポクしてきた」発言あたりはまだ「天然で可愛らしい」くらいで済まされてたものの、「どうも保育園行くまでは日本語を話してなかったらしい」というような話が現場レベルから漏れ伝わってくるや「すわ!まーちゃん帰国子女だったのか!?」と俄然色めき立ちます。

娘。加入以来しばしば垣間見える「日本語が不自由」な感じもそれなら納得出来ると、これは絶妙な落とし所発見かと思いきや「海外生活はしてないらしい」という続報に「???」と混乱するばかり、どうやら「親が英語教育のために特殊な環境で育てたっぽい」ことが発覚して何だか背筋に寒いものが走るとともに「親もなかなかぶっ飛んでるな」と妙に感心したものです。

しかしそんな「佐藤さん」を採用する「モーニング娘。」のグループとしての度量の深さもまた中々のもので、これは「12期メンバー」にも期待したいところです。

結局まとめると、佐藤さんの発した「グチュグチュペー」ですね、この歯磨きした後に口をゆすぐ行為を表現した「幼児言葉」の響きが何かラモーンズの「Gabba Gabba Hey」みたいで面白かったもんで、これは「BLOGタイトル」にちょうど良いなってことで拝借し現在に至ると。

ようするに「まーちゃん」のお陰でこの「BLOG」を始める事ができたって事です。まあその割に佐藤さんに関して、この「BLOG」で書いたのはこれが初めてだったりするんですけど。